エネマグラの概略

エネマグラは本来、前立腺のマッサージをセルフでできないものかとアメリカの泌尿器の医師が考えたのが発端でして前立腺肥大症の物理療法としてFDAにも登録申請中とのことです。

ところが、この器具の使用者には70%の方から本来の治療目的の他にドライオルガスムスといわれる射精を伴わない本来男性には無縁とも思われる快感が獲られる事が偶然わかったのです。

解剖学(神経)から見たエネマグラ

エネマグラの誘発作用(ドライオルガスムス)と神経

このエネマグラのくちばしのところにあたるのが精索と呼ばれる陰部神経の束を刺激します。

そして、この部分は内陰部動脈 → 陰茎、尿道の走行部でもあります。

また、勃起不全とは多いに関係があります。

この刺激部位である会陰にある後陰茎神経は、女性のヴァギナや大小陰唇に分布する後陰唇神経と男女で置き換わる神経です。

この神経への直接の刺激が女性的ドライオルガスムスを誘発する上でたいへん重要です。

資料

陰部神経 N.pudendus

  1. 走行
    陰部神経叢の最大の枝である。
    内陰部動脈とともに梨状筋下孔から大坐骨孔を出て、坐骨棘を廻り、小坐骨孔を通って坐骨直腸窩の坐骨結節に接した部分に達する。
    1. 下直腸神経 Nn.rectales inferiores(肛門神経 Nn.anales)
      肛門周囲の皮膚及び外肛門括約筋に至る
    2. 会陰神経 Nn.perineales
      会陰の皮膚および筋に分布した後、陰唇または陰嚢の後部に分布する
      後陰唇神経 Nn.labiales posteriores
      後陰茎神経 Nn.scrotales posteriores
      となる
    3. 陰核背神経 N.dorsalis clitoridis
      陰茎背神経 N.dorsalis penis
      同名血管とともに走り尿生殖隔膜に分布した後、これを貫いて陰核または陰茎背面に達し、陰核亀頭or陰茎・包皮・尿道粘膜などに分布

エネマグラを動かすの唯一の随意筋である外肛門括約筋もまた陰部神経の枝である下直腸神経の支配下にあります。

エネマグラによるドライオルガスムス誘発の為の神経支配からの考察

  1. 陰茎背神経 N.dorsalis penis の刺激を抑制する。 ×
  2. 下直腸神経→外肛門括約筋 収縮          ○
  3. 会陰神経 Nn.perineales 会陰部位  刺激する  ○

またエネマグラ刺激に神経系の連動モデルとしては

外肛門括約筋収縮(下直腸神経)→ 精索と呼ばれる(陰部神経)の束を刺激 → 会陰部位刺激(会陰神経)

というように、3ヶ所の独立した神経を一連の動きの中で刺激しつつ乳首を刺激する事で、ペニス周辺の陰茎背神経からの開放が女性のヴァギナからのオルガスムスによく似たドライオルガスムスを体感できるものと結論致します。