瞑想×オナニーでメスイキ

瞑想とオナニーで最高のメスイキが体験できることをなたは知っていますか?瞑想しながらオナニーするのが「難しそう…」と思われるかもしれませんが安心してください。この記事を見ることで瞑想オナニーの全てが分かります。

瞑想オナニーのやり方

まず、瞑想オナニーとは瞑想によって性的快楽を味わうオナニーのことです。瞑想とは、呼吸に意識を集中することなのです。考えていることを全て捨て、無になり集中します。

瞑想オナニーのメリット

瞑想オナニーのメリットは、不安と恐怖を取り除いてドライオーガズムを体感することができるのです。瞑想をすることによって、脳の恐怖中枢と神経経路の結びつきが弱くなると言われています。

よく、アナニーをしてドライオーガズムを体感したいという人がいますが、どうしても恐怖感が出てしまいます。「お尻の穴が痛い…」「アナニーで痔になったらどうしよう…」そんな恐怖と不安が無くした状態で絶頂体験することができるのが、瞑想オナニーなのです。

ドライオーガズムは、不安や緊張、恐怖に邪魔されてしまうと一気に冷めてしまいます。ですので、メスイキをしたことがない初心者の方にとっては瞑想オナニーは特に有効と言えるでしょう。

「瞑想なんかで気持ちよくなるわけない…」と思っている方は1度試してみてください。拍子抜けするほどの快感があなたを襲います。

瞑想オナニー方法

瞑想オナニーの方法は主に4つの順番となります。1、瞑想できる場所を用意して、姿勢を整えて目を閉じる。2、腹式呼吸をして雑念を表面化させる。3、頭に浮かんだ雑念を排除する。4、雑念を片づけ続けることで頭を空っぽの状態にする。この状態でペニスに意識を向けることで、「なんか気持ちいな」と感じる状態になるのです。

ドライオーガズムに到達するには、脳内を空っぽにして快楽だけを感じれる状態にする必要があります。普段のペニスを刺激するオナニーとは違い、瞑想オナニーでしか味わえないメスイキ体験があります。

初めての方はメスイキできるまでに時間が掛かることがありますが、瞑想オナニーを習得してしまえば他の性的興奮にも応用することができます。普段のオナニーでも絶頂体験をすることができるようになります。

瞑想オナニーのコツ

瞑想オナニーのコツは、筋弛緩法というものに隠されています。筋弛緩法とは、その名の通り筋肉を一気に緊張させてから、ストンと一気に筋肉を緩めることです。瞑想オナニーのコツはこのようにリラックスさせることで、ドライオーガズムにより一層到達しやすくなります。

瞑想オナニーのコツとも言える、筋弛緩法のやり方を今からご説明したいと思います。基本的にどの部分でも同じですが、「10秒間で体全体に力を入れます。その後、一気に力を抜いてその感覚を20秒間感じます」。力を入れている時と、抜いている時、じんわりと体が暖かくなってくる感覚になります。

上記のことを瞑想オナニーの前に行うことで、ドライオーガズムを加速させることができます。ベットでも手軽にできるので、是非あなたも実践してみてください。

瞑想オナニーの独自性・リスク・快感

あなたもここまで読んでいるということは、少しは瞑想オナニーに興味があるのではないでしょうか?しかし、今から説明する瞑想オナニーの独自性、リスク、快感を知らなければ、瞑想オナニーに大きすぎる差が出てしまいます。ぜひ、最後までご覧ください。

催眠オナニーとの違い

瞑想と催眠ってなにが違うの?そう思われる方はとても多いです。瞑想オナニーは、呼吸に意識を集中させて性的快楽を味わうオナニーのことです。考えていることを全て捨て、無になった状態で快楽を味わいます。

催眠オナニーは、エッチな言葉やエッチな音などで性的興奮してくれる、催眠の効果を使ってドライオーガズムを楽しむオナニーです。催眠をかけられている状態なので、自分の意思とは反した行動をしてしまいます。

催眠オナニーのやり方は、ヘッドホンなどを耳に装着して催眠オナニー用の音声を選びます。その後は、その音声を聞くだけでドライオーガズムを体感することができるのです。瞑想オナニーとの最大の違いは、“誰かの力を加わるかどうか”という所にあります。

しかし、瞑想オナニー、催眠オナニーともに性感帯に触れることなくイクことが可能になることは同じです。では、どのようにして瞑想オナニーと催眠オナニーでイキやすくできるのか?それは、本記事の最後にお伝えしますね!

瞑想オナニーのリスク

瞑想オナニーには軽い依存性があります。ハマりすぎていると感じたら少し我慢することが必要になります。なぜなら、瞑想オナニーに慣れてくると非常に強い快感を体験することができるからです。その結果、依存してしまう人が出てきてしまうのです。

また、強い瞑想状態になっていると、周りの様子が視界に入ってこなくなるかもしれません。瞑想が完璧に決まると、恍惚状態になります。瞑想オナニーが気持ち良すぎるのが逆にリスクにもなってしまうのです。

ドライオーガズを体感するメスイキをずっとしていると、射精を伴ったオナニーの気力を落とす傾向があります。その結果、EDなどの勃起不全を及ぼしてしまうこともあるので通常のオナニーも定期的に行うことをオススメします。

瞑想オナニーでメスイキを繰り返していると、異性とのセックスの際に興奮できなくなる可能性があります。1度瞑想オナニーでメスイキを体験してしまうと、感覚は消えませんので虜になってしまうリスクがあります。

瞑想オナニーの快感

オナニーした後は、瞑想に近い状態になる。これは、瞑想オナニーを表す快楽によく使われます。イッた後の賢者タイムが、瞑想に近いということです。つまり、オナニーしたあとの状態でオナニーを楽しむという未だかつてない体験ができるのです。

瞑想オナニーの快感は、マスターベーションやセックスで感じる快感とは比べ物になりません。せいぜい数秒続く程度のオーガズムとは別物で、15分以上もイク前の絶頂状態を続けることができるのです。

セックスをして感じることによって得られる精神的な高揚だけでなく、クライマックスに達するまでの全てのプロセスを体感し幸福感に満たされると言われています。

かなりの神経と体力を費やしそう…と考える方もいますが、リラックスして、集中できる環境を整えればきっと体がとろけるようなオーガズムに達することができるでしょう。

瞑想オナニーのお供にはエネマグラがおすすめ

はじめての方が、瞑想おナニーだけでドライオーガズムに達するのは最初は難しいという現状があります。ですので、はじめての方は道具を一緒に使ってあげると絶頂体験を促進させることができます。

では、どのような道具が効果的なのか?オナニーに関する道具はたくさんありますが、15分以上もイク前の絶頂体験をしたいのなら射精をしてはいけません。

そこで、ドライオーガズム専門の道具『エネマグラ』が必要となるのです。エネマグラとは、前立腺マッサージ器具として世界的に知られている道具です。元々はマッサージ器具でしたが、あまりの気持ち良さに性的興奮を目的した道具となったのです。

もし、あなたが瞑想オナニーに少しでも興味を持ったならば、エネマグラを使用してみてください。ヨダレを垂れ流すような気持ちよさにあなたも驚くことでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

エネマグラEX2 オーガズムチェッカー
最近の記事 おすすめ記事
  1. 【メスイキ100%】ドライオーガズムのコツ

  2. アナルでメスイキ完全攻略!性感帯と開発方法とは

  3. 何種類ある?メスイキの方法

  4. 前立腺絶頂!アナニー男子

  5. 男子必見!アナルと前立腺の完璧なほぐし方

  1. 本当に気持ち良いメスイキのコツ!

おすすめ記事

最新ラインナップはこちら
エネマグラ EXローション 500ml エネマグラ公式専用ローション
TOP