外出時にエネマグラは使える?野外アナニーについても解説

外出時にエネマグラを使いた時ってありませんか?屋内で行うアナニーとは全く違うスリルや快感を味わうことができます。外出時にエネマグラは使用できるのか?野外アナニーなどについて徹底解説していきます。

エネマグラを使ってみる!

外出時に可能?野外アナニーの方法

外出時にドライオーガズムを楽しむことができるのか、野外でアナニーする方法をお伝えしていきます。

野外アナニーでローションを使う際の注意点

アナルは自力で濡れることがないので、ローションは必須です。ただ、ローションがアナルからダラダラと漏れ出ている状態で野外に行くのは、あまり現実的だとは言えません。また、野外にいる最中にローションが乾いてしまうと、挿入物が腸壁に張り付いて取り出せなくなってしまう危険性もあります。

そこで野外アナニーを楽しむなら、ローションの選び方や扱い方を考えましょう。まず注目したいのが、ローションの選び方です。ローションは必ず「アナル用」として販売されているものを選ぶ必要があります。一般的なローションは水溶性で、水で洗い流しやすいのがメリットですが、アナルに使用すると途中で乾いてしまいやすく、野外アナニーには不向きです。対してアナル用のローションは、長時間使用しても乾きにくく、少量で長く楽しめるため、野外アナニーにも適しています。

また、野外で動いている間に徐々にアナルからローションが漏れてしまうのは、ある程度仕方のないことです。それなら生地が伸びない下着で固定する、返しが付いたアナルプラグを使用する、パンツとアナルプラグが一体になっているものを使用するなどの方法があります。肛門部分に食い込むので、抜け落ちにくくなります。アナルプラグは、大きさも種類も様々です。親指ほどのサイズから、絶対に挿入できないであろうサイズも存在します。

上級者向け野外アナニーのシチュエーション

何と言っても野外で行う1番のメリットは、ドキドキ感とスリルが味わえることです。見つかったらどうしよう?というドキドキ感、バレるかもしれないというスリル感、いけないことをしているという背徳感…これらが脳で、やってはいけない事と認知されその緊張感があなたを快楽に導きます。野外でのドキドキ感で、ドーパミンという脳内伝達物質が大量に分泌されます。これは、快楽物質の1つであり覚せい剤に似た分子構造を持っています。

このドーパミンが大量に分泌されるのは、やはりよりスリルのある方法で野外アナニーに挑戦することです。その方法の1つとして、アナルプラグを挿入した状態で街中に繰り出す方法が挙げられます。「誰かに見られるかもしれない・バレるかもしれない」というスリルが興奮材料となり、より上級者向けの野外アナニーを楽しめるでしょう。ただ、実際にバレてしまうのは不本意なことはもちろん、最悪の場合社会的な信用を失ってしまう可能性もあるため、しっかりと対策することは欠かせません。

なかでも注意したいのが、長時間挿入していると肛門が緩んで挿入物が抜け落ちたり、ローションが大量に漏れてしまうことです。また、野外オナニーをする際に持っていると便利なモノがあります。それは、ウエットティッシュ、コンドーム、使用後にエネマグラを入れる袋、身分を隠す帽子、サングラス、マスクなどです。野外オナニーが終わった時に、後始末のことを考えても手遅れです。ですので、予め上記のものを準備しておきましょう。

野外アナニー中の射精対策

野外アナニーをしていると、時には刺激と興奮が強すぎて射精したくなってしまうかもしれません。しかし、服の中で射精してしまうと下着はもちろん、衣類まで汚れてしまうため、万が一に備えて射精対策しておくと、より安全に楽しく野外アナニーを楽しめます。対策方法は2つ。射精が近づいてきたらトイレに駆け込むことと、後始末用の道具を用意しておくことです。

まず、出かけ先に応じてトイレの場所をある程度把握しておけば、射精が近づいた瞬間トイレに駆け込み、個室の中で思う存分射精できます。また、このとき後始末用にウェットティッシュや替えの下着などがあれば、さらに安心です。射精してアナニーの気分ではなくなった時のため、挿入物を持ち帰るためのジップロックを用意しておくのも良いでしょう。

上級者向けの対策方法として、ペニスリング(コックリング)を併用するのもおすすめです。ペニスリングを使って射精のタイミングを遅らせる方法は「早漏気味で野外に繰り出してもすぐ射精したくなる」という方にも向いています。

外出時にエネマグラを使う際の注意点

野外でもドライオーガズムを楽しむことの出来るエネマグラですが…使用する時の注意点を知らずに使用すると取り返しのつかない状況になることがあります。ですので、しっかりと注意点を知っておいてください。

アナルがガバガバにならない?

基本的にアナルがガバガバになることはありません。なぜなら、お尻の筋肉が損傷しない限り緩くなったりすることはほぼありません。お尻の穴には、肛門括約筋と肛門挙筋という筋肉があり、全て連動しているのです。ですが、過度に太すぎるものや、長時間使用しているとガバガバになってしまうことがあります。ガバガバになってしまうと、アナルに栓をしていないと便がダダ漏れになってしまう状態になるので注意が必要です。適度なサイズ、適切な時間さえ守っていればガバガバにはなりませんのでご安心ください。

どんは人でも気持ちよくなれるの?

野外でエネマグラを使用すると、どんな人でも気持ち良くなれるのかは個人差があります。屋内で気持ちよくアナニーできなかった人でも、外で行うと気持ちよくなれる場合もあります。人目が気になってドライオーガズムに集中できない人がいる一方で、あまりに気持ち良過ぎて、外でしかオナニーできなくなった人もいます。人それぞれの個人差があるので、「まずはやってみる」ことをオススメします。外でしか味わえないドキドキ感とスリル感は快楽を前進させることができると思いますので、是非試してみてください。

TPOは攻めすぎないように

TPOとは、Time(時間)、Place(場所)、 Occasion(場面)の頭文字を取った略語であり、時間・場所・場面に合わせて行動や言動をわきまえるという意味です。つまり、簡単に言うと怪しい行動はしないようしてくださいという意味です。想像してみてください。人々が行き交う夜の街で野外でアナニーしている人を。間違いなく変な目で見られますし、警察のお世話になってしまいます。ですので、野外でアナニーする際はTPOを攻め過ぎないように楽しみましょう。

エネマグラで最高の野外アナニーを試してみませんか?

いかがでしたか?今回は、外出時にエネマグラは使えるのか、野外アナニーについてお伝えしたので最後におさらいしておきます。まず、外出時に野外アナニー野外でアナニーする方法は、誰もいない場所、長時間座れる場所、アナルプラグを挿入した状態で出掛ける。この3つが主に野外オナニーする方法です。野外で行う最大のメリットは、見つかったらどうしよう?というドキドキ感、バレるかもしれないというスリル感、いけないことをしているという背徳感を味わうことができます。これらの緊張感が快感となり、あなたを絶頂体験へと導きます。あなたも是非、エネマグラを使って最高の野外アナニーを体感してください!

 

最新ラインナップはこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

ENEMAGRAチャンネル【公式】

ドライマスター

ドライマスターレビュー

Analympic投稿
エネマグラEX2 オーガズムチェッカー
最近の記事 おすすめ記事
  1. エネマグラ社のSDGs『sustainable Dry orgasm Goals 』

  2. 女装男子必見!男が自然と胸を大きくする方法 豊胸手術と効果の違いは?

  3. 1人でも2人でも大興奮!男の性感帯一覧と刺激方法

  4. ピストンマシンを使ったオナニーって実際どうなの?

  5. スモールペニスシンドローム(粗チン症候群)とは?

  1. エネマグラって女性でも使えるの?女のアナル開発

  2. 前立腺快感初期化法

  3. エネマグラ社のSDGs『sustainable Dry orgasm Goals 』

  4. 最短最速でドライオーガ二ズムを実現できる最強の道具エネマグラとは

  5. エネマグラを使う時に最適な体勢とは

エネマグラ【公式】Twitter

ヨウコ|愛の教育者[公式アンバサダー]

「エネマグラ®」公式note

最新ラインナップはこちら
エネマグラ EXローション 500ml エネマグラ公式専用ローション

エネマグラ公式 通販ショップ

アーカイブ

TOP