オスイキとは?オスイキの方法やコツを解説

あなたはオスイキを知っていますか?近年流行っているメスイキはよく知られていますが、かえってオスイキを知らないという方が多いです。普段のオナニーに飽きてきている…という方はぜひ読んでください。

オスイキの方法とコツ

オスイキに興味があるあなたの為に、方法とコツなどを詳しく解説していきます。はじめてオスイキを体験したい方は必読です。

オスイキとは

オスイキとは、オスイキ=ウェットオナニーと言われています。つまり、射精を伴うオナニーのことなのです。良質なオスイキ体験は、乳首や前立腺だけをいじった時に、射精が起きるときです。

射精する少し前のタイミングがありますよね。性器にジワジワと熱が溜まって、10~20秒刺激したら射精が止まらなくなるという状態。このような絶頂がオスイキとなります。

男性は、射精とその前後で強烈な絶頂を味わうオスイキ体験を余裕にすることができますが、射精を伴わないメスイキは、脳の快楽神経を発達させていないとドライオーガズムは体感しにくいです。

一方で女性の場合は、クリトリスや乳首、Gスポットなど、オーガスムを感じられる部位がたくさんあります。

オスイキの方法

オスイキの方法は、男性と女性によって大きく異なります。男性の場合は、射精することが可能なのでペニスや亀頭を刺激して、性的興奮を高め射精するだけです。

1つのオスイキ方法としては、普通のオナニーと同様にAVなどを見ながらペニスを刺激させます。ここでポイントがあります。それは、イキそうになった時です。イキそうになった時、射精を調整してウェットオナニー(射精)の暴発力を高めておくのが良質なオスイキ方法と言えるでしょう。

普段のオナニーのように、すぐにイッてしまわずに精神的な気持ちを抑えつけます。ずっと我慢し続けていると、次第に制御できなくなり全身が震えてきます。射精量は自分でも驚くほどドバドバと流れ出てきます。オスイキは、未だかつてない快楽の感覚に包まれるのです。

女性がオスイキする方法は、クリトリスにあります。女性のクリトリスは、男性のペニスに相当するもので、これを刺激することで外でイクことが可能となりオスイキに繋がりやすくなることでしょう。

オスイキのコツ

気持ち良すぎるオスイキのコツは、"自分でしている"という意識を捨てることです。自分が手を動かしているという意識がある限り、自分の手の動作によって快感を得ていると体と脳が理解してしまい、快感が薄らいでしまうのでしょう。

では、どのように自分の手で触っていないと脳に感じさせるのか?それは、手を動かさずに腰を動かすことです。ローションなどを使って滑りを良くすれば、脳が自分でしていないと勘違いして快感を増すことができるというオスイキのコツがあります。

オスイキのメリット・デメリット

オスイキの基礎についてお伝えしてきましてが、メリット・デメリットを知らなければ至極のオスイキ体験はできません。ぜひ、メリットとデメリットを理解してオスイキライフを楽しんでください!

オスイキのメリット

オスイキのメリットは、『痺れるような超強烈な快感』を味わうことができることです。普通のオナニーでは射精するためのただの作業みたいになりがちです。最終目的の射精だけが、快楽となってしまいます。

ですが、オスイキは射精する前の、我慢の段階から快楽が始まっているのです。普通のオナニーでは我慢することはありませんが、我慢し続けることでウェットオナニーの暴発力が高まります。

すると、止まらないほどドバドバと精子が垂れ流しとなるのです。普通のオナニーでは絶対に味わうことができません。ぜひ、あなたも体感してみてください。

オスイキのデメリット

オスイキのデメリットは、射精快感が強化されすぎて、制御できなくなってしまうことです。あまりの射精の気持ち良さに、我慢することが出来なくなってしまいます。これは、早漏になりやすいことを意味します。

普段、セックスをされる方などはパートナーが満足できなくなったり、自分も楽しめなくなってしまうことがあります。ですので、定期的に良質なオスイキではなく普通のオナニーも行うことをオススメします。気持ち良すぎるというのが、逆にデメリットになっていますが、改善できるので心配はいりません。

オスイキとメスイキ同時が最強

オスイキとメスイキが同時に決まると、ペニスと身体、脳内が気持ちよくなって、恍惚状態の極地に到達します。数分は放心状態になるほどの快楽があなたを襲ってきます。

ここからは、オスイキとメスイキを同時に行う方法についてお伝えしていきます。まず、メスイキはオスイキよりも時間がかかるので、最初はペニスをあまり刺激せずスローオナニーでゆっくり刺激しましょう。射精しないようペニスを軽く刺激しながら、メスイキオナニーを継続的に行います。

メスイキは、絶頂が始まってから頭の中がフワフワになるまで、15~90秒ほど遅れてやってきます。オスイキと違って、メスイキは精神的な気持ちの抑え込みで絶頂を遅らせることができるのです。そして、メスイキ発生の発生が確認できたら、畳み掛けるようにペニスに容赦ない快楽を与えます。その後、メスイキとオスイキが大体同時にに発生します。

では、メスイキはどのようにしてやるのか?その方法を簡単にご説明したいと思います。一般的に、メスイキは前立腺という場所を刺激してドライオーガズムを味わいます。アナルを刺激する、アナニーとも言われます。前立腺は膀胱の下の辺りに位置する生殖器で、エネマグラという道具を用いることで強烈な絶頂体験を味わうことができます。エネマグラの詳しい使用方法などは他の記事に記載していますので、そちらもご覧ください。

オスイキとメスイキを同時にすると、甘く心地よい世界の中で射精しているような感覚で、ウェットオナニーで生じる痺れや、気持ちの落ち着きなどは消滅します。メスイキしながらも、爽快に射精している感覚になります。

オスイキ まとめ

いかがでしたか?あなたもオスイキに興味が湧いてきたのではないでしょうか。最後に、オスイキについてまとめていきたいと思います。

オスイキは、ウェットオナニーと言われており、射精を伴うオナニーのことです。射精する少し前のタイミング、性器にジワジワと熱が溜まって、10~20秒刺激したら射精が止まらなくなるという状態がオスイキとなります。

オスイキ方法としては、普通のオナニーと同様にAVなどを見ながらペニスを刺激させます。イキそうになったら、射精を調整してウェットオナニー(射精)の暴発力を高めておきます。そうすることで、精子がドバドバ出るような良質なオスイキができるでしょう。

オスイキのコツは、"自分でしている"という意識を捨てることです。そのために、ローションをペニスに塗って腰を動かすことで、自分がしているという意識が無くなります。

オスイキのメリットは、『痺れるような超強烈な快感』を味わうことができることです。オスイキのデメリットは、射精快感が強化されすぎて、制御できなくなってしまうことです。

オスイキとメスイキが同時に決まると、ペニスと身体、脳内が気持ちよくなって、恍惚状態の極地に到達します。メスイキは、エネマグラという道具を使って前立腺を刺激します。

ぜひ、あなたも上記を参考にしてオスイキ体験をしてみてください!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

エネマグラEX2 オーガズムチェッカー
最近の記事 おすすめ記事
  1. 【メスイキ100%】ドライオーガズムのコツ

  2. アナルでメスイキ完全攻略!性感帯と開発方法とは

  3. 何種類ある?メスイキの方法

  4. 前立腺絶頂!アナニー男子

  5. 男子必見!アナルと前立腺の完璧なほぐし方

  1. 本当に気持ち良いメスイキのコツ!

おすすめ記事

最新ラインナップはこちら
エネマグラ EXローション 500ml エネマグラ公式専用ローション
TOP