アナ二ーに副作用はあるのか?自律神経失調症やうつ病との関連性を調査

・アナルの開発に興味があるけど少し怖いな…本当に危なくないの?

・前立腺を刺激しすぎると病気になるって聞いた事があるけれどほんと?

今回の記事ではそんな疑問・不安におこたえします!

おそらくこのページを見ている方のほとんどはアナルの開発に興味があるか、あるいは経験したことのある方がほとんどだと思います。そして、アナルに興味を持っている方にとってその目的は「ドライオーガズム」を味わうことでしょう。

アナルから体内に入った先にある「前立腺」という器官を刺激することで得られる「ドライオーガズム」という快感は、ペニスをいじって射精をした時に得られる快感のなんと10倍もの気持ちよさを感じることができると言われているんです。

通常の射精でもあれだけ気持ちいいのに、その10倍なんて、、、ちょっと考えられないですよね。

しかし、ネットで「ドライオーガズム」と検索をしてみると、「前立腺を刺激しすぎると体に悪影響がある」といった記事を目にすることもあります。

中には病気の原因になる可能性がある、という記事も。はたしてこれは一体本当なのでしょうか?これが分からないままアナル開発をするのは

さすがに気が引けますよね。

そこで今回は、アナル開発、前立腺マッサージによって「本当に身体に悪影響を及ぼすのか?」「病気を引き起こす原因になり得るのか?」といったテーマでお届けします。

■この記事を読むと…

・アナニーの副作用やデメリットを正しく理解できる

・安心してアナニーができるようになる

ぜひこれを機に、正しい知識を手に入れてあなたも極上の快感・ドライオーガズムを体感してください!

アナニーの副作用は本当?

さっそくですが、「アナニーには本当に副作用があるのか?」という点についてご紹介をしていきたいと思います。

今回は中でも特に、アナニーによる副作用としてよく想定されるこれらの3つについてご紹介をしていきたいと思います。

①アナニーによって「鬱病」になる可能性

②アナニーによって「前立腺炎」になる可能性

③アナニーによって「自律神経が狂う」可能性

■アナニーで鬱病になる

「アナニーで鬱病ってどういうこと!?」と驚かれた方が多いと思います。

実は、アナニーに限らず、すべてのオーガズム体験において鬱病との関係性というものは昔からたびたび話題に上がっているのです。

一体なぜなのでしょうか?

それは、オーガズムを体感するときに私たちの体内で分泌されている物質が関係しています。

オーガズムに達するとき、私たちの体内では「快感物質」と呼ばれるものが分泌されており、代表的なものとしては「ドーパミン」や「セロトニン」といった物質があります。

これらの物質が分泌されることによって快感が高まる半面、気分が落ち込んだり、鬱病の時はこれらの物質の分泌量が下がるのです。

そのため、ドライオーガズムなどで快感物質を過度に出してしまうと、反動で鬱病になる可能性があるのではないか?と言われているんです。

こちらに関しては、医学的に鬱病の危険性がある、と認められている情報は見当たらなさそうでしたが、アナルオーガズムを味わうことに躍起になっ前立腺や腸内、アナルを傷つけてしまい、それらがきっかけとなって、鬱病や気分の落ち込みを感じてしまう方が一定数いるそうです。

そのため、「ドライオーガズムを味わうと鬱病になる」というわけではありませんが、他のオナニーよりも体へのケアはより入念にして行うと良いでしょう。

■アナニーで前立腺炎になる

次に考えられるのが、アナニーによって前立腺炎を発症するリスクです。

前立腺炎というのは、何らかの菌やウイルスが原因となって前立腺が炎症を起こしてしまう病気のことであり、アナニーを行う際に前立腺を刺激しすぎることでその症状が引き起こされてしまうのではないか?と考えらえています。

これらに関しては、アナニーを正しい方法で行えば問題ないのですが、衛生面のケアを怠ってしまうと、アナニーの際にエネマグラや自分の指に付着した大腸菌などが原因となって前立腺炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

行為を行う際にアナルや腸内を洗浄する、また使用前後でエネマグラを丁寧に洗浄し、自分の指や体も清潔を保つといった衛生面のケアを正しく行うようにしましょう。

アナニー前の衛生面のケアに関しては、以前に別の記事で方法を詳しく紹介しておりますのでそちらを確認してみてください。

■アナニーで自律神経が狂う

最後に挙げられるのが、「アナニーによって自律神経が狂うリスク」です。

そもそも自律神経というのは、一言で言えば「身体の調子を整えてくれる神経」のことです。

この神経は「手を動かす」といった運動神経とは異なり、みなさんの意思にかかわらず24時間ノンストップで身体の調子を整えてくれる非常にありがたい神経なのですが、言い換えると、自律神経の乱れというものは私たちの意図しない要因で引き起こされてしまうこともあります。

自律神経が乱れる原因としてよく考えられるのが「ストレス」です。過労や人間関係のプレッシャー、生活リズムの乱れといったものにより自律神経が乱れてしまい、疲れやすくなったり寝れなくなるケースはよくあります。

この自律神経の乱れと、アナニーの直接的なつながりは残念ながらわかっていませんが、特にアナニー初心者の方にとってみれば、初めてのアナル開発は興奮もあるものの非常にストレス負荷のかかる行為です。

そのため、できるだけリラックスした状態で行えるようにすること、過度なストレスを感じる場合は無理をしないことが大切になりそうです。

アナニーと健康

■何事も過度は禁物

以上の3点を見てきて分かる通り、いずれのリスクも

「アナニーをしてしまうと引き起こされる」という類のものではありませんが、アナニーのみならずどんなオーガズム行為も過度に行うと身体に強い負担をかけてしまう、ということを知っておく必要があります。

その中でも特にアナニーというのは、通常のペニスを弄るオナニー以上に心身への負担が大きいため、過度な開発は控えた方が健康には良さそうです。

多くても週に1~2回を目安に行うのが良いでしょう。

■アナニーで不具合が出たらまずはお医者さんへ

また、万が一アナニーを行っていく中で、今回紹介したような症状が出てしまった場合には自分で解決しようとはせずにキチンと病院で診察を受けましょう。

特に自律神経の乱れなどは、「自分が病気なんじゃないか?とひとりで心配し続けることも大きなストレスとなって症状が悪化するケースが多いです。

最初は恥ずかしいかもしれませんが、自分の健康のために必ずお医者さんの専門的な意見を仰ぐようにしてください。

■安全に楽しむために

今回の記事では、アナニーによって引き起こされるリスクとともに、「過度な回数でのアナル開発は引けることが大事だ」ということをお伝えしてきました。

加えて、衛生面・安全面で正しい知識を持つことが、アナニーを楽しむうえでは非常に大切になってきます。

きちんと信頼できる人からの情報をもとに、安全・安心にアナニーを楽しめるようにしてくださいね。

アナニーを楽しむならエネマグラ

いかがでしたか?

ぜひ今回ご紹介した正しい知識も踏まえつつ、素敵なアナニー、ドライオーガズムをあなたも体感してみてくださいね!

最新ラインナップはこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

Analympic投稿
エネマグラEX2 オーガズムチェッカー
最近の記事 おすすめ記事
  1. 実際アナニーは危険なの?お尻厳禁な方法や事例を徹底解説

  2. 前立腺オナニーの道具を揃える上で絶対に知っておくべきこと

  3. 亀頭ドライオーガズムでよくある悩みと解決策徹底解説!

  4. アナルオナニーが気持ちよくない方!やり方間違ってませんか?

  5. 野外でアナルプラグを使ったアナニーの方法、メリット、デメリット

  1. 最短最速でドライオーガ二ズムを実現できる最強の道具エネマグラとは

  2. 本当に気持ち良いメスイキのコツ!

  3. 前立腺快感初期化法

  4. エネマグラって女性でも使えるの?女のアナル開発

  5. エネマグラの使用方法

ENEMAGRAチャンネル【公式】

ENEMAGRAチャンネル【公式】

エネマグラ【公式】Twitter

ヨウコ|愛の教育者[公式アンバサダー]

「エネマグラ®」公式note

最新ラインナップはこちら
エネマグラ EXローション 500ml エネマグラ公式専用ローション

エネマグラ公式 通販ショップ

アーカイブ

TOP