【メスイキ100%】ドライオーガズムのコツ

・メスイキに興味があるけれど、難しくてなかなかいけない…
・ドライオーガズムを体験してみたいけど、どうやったら味わえるの…?

そんな疑問・不安におこたえします!

このページを見ているあなたはおそらく、「ドライオーガズム」というものに興味をもって見てくれているのではないでしょうか?

このドライオーガズム、実は、男性がペニスを弄って射精をするときの快感の何倍も強い快感を味わうことが出来ると言われており、非常に多くの男性が興味を持っているのです。

ドライオーガズムとは、「乾いた絶頂」という言葉にある通り、
射精を伴わないオーガズムの状態を指していて、アナルを開発し、アナルの奥にある前立腺を刺激することによってその快感に到達することができるのです。

しかし、ほとんどの男性にとってはアナル開発の経験は無く、怖いと感じる人や恥ずかしいと感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな人たちからしてみれば、いくらドライオーガズムが通常の射精よりも気持ちいいと言われても、「本当なの?」「具体的にはどう気持ちいいの?」と半信半疑な気持ちになってしまいますよね。

そのため今回は、アナルオナニーやドライオーガズムをまだ経験したことのない人でもイメージができるようなドライオーガズムの感覚をご紹介したいと思います!

■この記事を読むと…
・ドライオーガズムを味わうためのコツや方法が分かる

ぜひこれを機にあなたも、射精を超える絶頂、ドライオーガズムを体感してください!

ドライオーガズムのコツ

それではさっそく、ドライオーガズムを体感するコツをまとめていきましょう。

ドライオーガズムの味わい方ですが、先ほどご紹介した通りアナル開発によって到達することができます。

具体的には、アナルの奥にある前立腺という臓器を刺激することによってドライオーガズムに到達することができるのですが、
アナル開発に慣れていないうちはなかなかいきなりドライオーガズムに達することは難しく、はじめてアナル開発をしてからドライオーガズムに達するまでに約1か月の期間がかかると言われています(個人差はあります)。

このように、アナル開発を始めてみるとドライオーガズムを味わうのが難しいことが分かります。

そんな中でどうすればドライオーガズムを味わえるのか?
そのコツをいくつかご紹介したいと思います。

■アナルの芯から全身をリラックスさせよう

まず、ドライオーガズムを味わいたい男性の障害になるものとして
「羞恥心」や、それによって発生する緊張があげられます。

日ごろから慣れているペニスでのオナニーならいざ知らず、前立腺マッサージを始めてやった場合には、快感よりも緊張が勝ってしまうんですよね。

こうなると、なかなか快感を味わうことができません。

なのでまずは、羞恥心や緊張を捨て去ること、そのために慣れることが肝心です。

できるだけ身体も心もリラックスしているときに、気持ちを開放的にしてアナル開発に挑みましょう。

また、心だけでなくアナルや体のリラックスも非常に重要です。

アナルにいきなりエネマグラを挿入するのではなく、ローションをたっぷりとアナルやその周りに塗り、マッサージをしてから行うことで快感が味わいやすくなります。

■性感帯の位置を知る&感じよう

次に、ドライオーガズムを味わうための性感帯の位置を正しく知り、
そこからの快感を感じられるようにしましょう。

ひとくちに「アナル」といってもそこには色々な器官があり、じつはそれぞれが快感を感じやすいスポットになっています。

しかしその中でも、ドライオーガズムを味わうための大事な器官が
「前立腺」と呼ばれるスポットです。

前立腺とは、肛門から体内に3~4センチほど入った先にある
男性だけに備わった栗ほどの大きさの臓器であり、その臓器を刺激することによってドライオーガズムを味わえるのです。

この前立腺、身体の外部から刺激をすることが難しく、内部から刺激を与えるためにアナルを開発し、エネマグラなどを挿入しながら刺激を与えるのが一般的な開発の仕方です。

アナル開発をしているときにありがちなのが、肛門や精嚢など他にも快感を味わえる場所があるためそちらの刺激に夢中になり、肝心の前立腺を刺激できていないことに気づけていないケースが多いです。

そのため、もしあなたがドライオーガズムを目指すならこの「前立腺を刺激する」という意識を欠かさないようにしましょう。

■挿入時の動かし方も大切

さて、実際にエネマグラを挿入して前立腺を刺激する際ですが、勢いよく挿入して激しく動かす、、、なんてAVのような動かし方をしてはいけません。

このような動かし方をしては、快感を得られないどころか身体を傷づけるリスクもあります。

エネマグラが腸内にぬるっと吸い込まれていきますので焦らずに挿入するようにして下さい。

挿入後は、動かして刺激を与えたい気持ちになると思いますが、しばらくは挿入せずにそのままにしておいてください。

なぜなら、腸内はもともと外部から何かが入ってくる想定ではできていないのでいきなり入ってきたエネマグラが動かしやすいような形にはなってしませんから、そんな状態のままエネマグラを動かしてしまってはかえって痛みを感じやすくなってしまいます。

逆に、挿入してしばらくそのままにしておけば、腸内の形が徐々にエネマグラになじんできますので挿入後15~20分はそのまま安静にしてから、徐々に動かしてみて下さい。

そこからは、刺激する場所は刺激する体勢を変えながら自分にとってもっとも気持ちのいいやりかたを根気よく探しましょう。

ドライオーガズムの裏技

ここまでアナルを開発しドライオーガズムを味わうためのコツをご紹介してきました。

ここからは、アナル以外の部分でよりドライオーガズムを味わう確率を高めるための裏技をご紹介していきたいと思います。

■メスになり切ってドライオーガズム

実は、女装などをして女性になりきることでドライオーガズムを味わえる確率は高まります。

なぜ女装してアナニーをすると気持ち良いと感じやすくなるのでしょうか?

それは、女装をすることによって、アナル開発をするうえで障害となる「緊張感」というものが軽減され、自分の心理的な興奮が高まりやすいからなんですね。

実際にやってみたら分かりますが、特に初心者の人にとってはアナルを開発するという行為は、興奮よりも緊張が勝ってしまい、リラックスした気持ちで十分に興奮を感じるのがなかなか難しいのです。

リラックスしなきゃ、と思い込んでしまうと余計りきんでしまいますよね…。

そんな時にこの女装というのは、形から自分の興奮を高めてくれるため絶頂を味わいやすい状態になります。

■亀頭を弄ってドライオーガズム

メスイキ、アナル開発をするうえで射精をするのはNGですが、一方で興奮や快感が無いとドライオーガズムを味わえないのもまた事実です。

そんなときに、射精しない程度で亀頭をいじるのは結果的にあなたの心理的な興奮を高めてドライオーガズムを味わう手助けをしてくれます。

ただし、射精をしないように一定の我慢は必要です。

■乳首を弄ってドライオーガズム

実は乳首というのは、アナルに次いでメスイキを味わうために大切な性感帯なんです!

そのため、アナルを開発するときはあわせて乳首も開発することで
ドライオーガズムを味わえる確率がグッと高まります。

乳首を開発する方法を詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

乳首や前立腺をいじって快楽の爆発!メスイキ

最短最速のドライオーガズムを体験するならエネマグラ

いかがでしたか?

ぜひこれを機に、エネマグラ×アナル開発の最強コンビで、あなたも最短でドライオーガズムを目指してみてくださいね!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

エネマグラEX2 オーガズムチェッカー
最近の記事 おすすめ記事
  1. 【メスイキ100%】ドライオーガズムのコツ

  2. アナルでメスイキ完全攻略!性感帯と開発方法とは

  3. 何種類ある?メスイキの方法

  4. 前立腺絶頂!アナニー男子

  5. 男子必見!アナルと前立腺の完璧なほぐし方

  1. 本当に気持ち良いメスイキのコツ!

おすすめ記事

最新ラインナップはこちら
エネマグラ EXローション 500ml エネマグラ公式専用ローション
TOP